FAQ

よくある質問

ファスナー

スライダーの構造はどのようになっていますか?

下の図をご覧ください。

ファスナー各部の詳しい名称はなんですか?

下の図をご覧ください。

金属ファスナーにはどんな種類がありますか。

金属ファスナーは開閉の滑らかさや、見た目の高級感、値段によって様々な種類があります。今回はよく使用される4つのファスナーを紹介します。

(写真のエレメント(務歯)はゴールドですが、他にもそれぞれメッキの違う物の取扱いがございます。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

上記4つのエレメント(務歯)の部分を比べた写真です。よく見ると、だいぶ形が違います。

止水ファスナーでよく使用される間違われやすいスライダーはなんですか。

止水ファスナーは裏使いのスライダーを使用します。

上の写真のようにDFB-WやDFB-Lなどが使われます。

しかしこの「-」を抜かしてDFBLと注文してしまうと全く違うものが届きます。

表使いのファスナーが届いてしまうので注意してくださいね。

(X6はマットブラック Oはゴールドメッキ)

金具

Dカンや角カンを頼みたいです。
どのように注文したら良いですか?

サイズ・メッキ・塗装・材質を教えて下さい。

サイズに関しては図を参考に長さ等を教えて下さい。

ホックの仕組みはどのようになっていますか?

ホックは「頭・バネ・ゲンコ・ホソ」の4つのパーツからできています。

ホックにはドット式とスナップ式がありますがどのように使い分けますか?

ドット式(ジャンパーホック・ストロングホック(ボタン))の特徴は、

保持力が高いことです。

したがって、厚みのある生地に使用されることが多いです。

例えばジャンパーやデニム、革製品などです。

 

スナップ式(バネホック)の特徴はパーツの一部にバネが入っていて開け閉めがしやすいことです。

したがって、薄めの生地に使用されることが多いです。

生地につけたホックがクルクル回ります。何か解決策はないですか?

生地の厚みをコントロールするか、“ポリリンプ”というパーツを入れ込んでください。

弊社にも取扱いがございますのでご相談ください。

金属の素材の特徴を教えて下さい。

金属の素材は様々なものがありますが、今回は代表的な物の特徴を紹介します。

 

メリット:強度あり、加工のしやすく溶接も容易、大量生産可能、安価

デメリット:重い、錆びやすい

 

真鍮(しんちゅう)

メリット:加工しやすい、摩耗堅牢度が強い、錆びにくい

デメリット:重い、鉄よりもコストが高い

 

アルミニュウム

メリット:軽い、錆びにくい

デメリット:メッキや表面処理が非常にしにくい

 

チタン

メリット:耐食性に優れている、軽い

 

ダイキャスト(別名亜鉛合金):通称鋳物、合金の配合により多岐に渡って使用される

 

ステンレス:鉄をベースにして、その中にクロム、あるいはクロムとニッケルを含有させた合金鋼

 

銅:金属素材の最古といわれる。銅そのものは赤色。合金銅は大気中で自然に酸化被膜を生じさせて耐食性が良くなる。最終的には緑青になる。

 

 

非金属の素材の特徴を教えて下さい。

ウレタン系

メリット:柔らかく折れにくい

デメリット:時間がたつと風化してボロボロになる

 

アクリル系

メリット:透明度が高く加工しやすい

デメリット:熱に弱く折れやすい

 

ABS(アクリロニトリルのA ブタジエンのB スチレンのS 頭文字)

メリット:メッキが可能

 

ナイロン

メリット:後染め可能、強度も弱くはない

デメリット:時間がたてば風化する

 

ポリアセタール(通常樹脂)

メリット:強度あり、劣化も遅い

デメリット:色の統一が難しい、その都度のロットが大きい

 

シリコン

メリット:加工しやすく細やかな表現が可能、比較的柔らかい

デメリット:コストがかかり着色がしにくい

その他

テープの種類と特徴を教えて下さい

<ポリプロピレンテープ>

繊維の中で最も軽く、濡れても強度や品質は変わらない。

日光や温度変化などに対し変質や劣化を起こしにくい。

合成繊維の中で最も制電性に優れているため静電気の発生が少ない。

吸湿・吸水性がないので乾きが早くバクテリア等の影響が少ない。

 

<アクリルテープ>

日光や洗濯による色褪せが少ない。

デリケートな色も表現することができる。

摩擦や屈曲に強く、日光や温度変化による変質や劣化を起こしにくい。

柔らかなものからコシのある風合いのものまで、用途に応じて選ぶことができる。

 

<ナイロンテープ>

引っ張り・摩擦・薬品に対して強い。

また発色性に優れている。

染色が可能で指定した色に染めることができる。(後染加工)

 

<綿テープ>

肌触りがやわらかだが強度あり。

洗濯や漂白が容易で高温のアイロンにも耐えることができる。

弾力性に富みシワになりにくい。

薬品・油に強く、海水にもおかされない。可燃性あり。